くらし情報『日本の食材へのオマージュ。 魅惑のブルガリ フォト料理本、できました』

2016年10月6日 22:45

日本の食材へのオマージュ。 魅惑のブルガリ フォト料理本、できました

日本の食材へのオマージュ。 魅惑のブルガリ フォト料理本、できました


2009年以降、銀座のランドマークとなったブルガリ最大規模のフラッグシップ・ショップ「ブルガリ銀座タワー」。同時に誕生したのが、日本のイタリア料理の可能性を広げ、最上かつ本物を目指したイル・リストランテでした。

エグゼクティブ・シェフとして招かれたのは、イタリア・トレヴィーゾ出身のルカ・ファンティン。彼はローマの『ラ・ペルゴラ』、ミラノの『クラッコ』、そしてスペインの『アケラッレ』や『ムガリッツ』といった錚々たる名店で修業。2011年以降、日本におけるイタリア人シェフとしては唯一、ミシュランの星を守り続けている存在です。

20161004_luca_01.jpg


ファンティン氏の料理の原点は、おばあちゃんの作るイタリアの伝統的な家庭料理。彼が育ったトレヴィーゾは四季を通じて豊かな食材に恵まれた、グルメの街でもあります。

日本にやって来たイタリア人シェフのファンティン氏は、日本の四季がもたらすさまざまな素材に感性を刺激され、料理の腕をよりいっそう開花させます。

その評判は海外にも伝わり、イタリア料理のガイド本「イデンティタ・ゴローゼ2015」では最優秀シェフ賞に選ばれました。さらに2015年には、その功績が称えられ、店名に『ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン』として彼の名前が加わります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.