華麗なフラメンコと魅惑の料理。『ガルロチ』なら五感でスペインを体験できる

2016年11月14日 21:45
 



日本でもすっかりおなじみとなったスペインバルの存在ですが、たまにはもっと本格的にスペインの風を感じてみたくなるもの。

この秋、新宿にオープンした『ガルロチ』は、日本で唯一となる本場スペインからフラメンコアーティストたちが出演する"タブラオ・レストラン"。

20161107_garlochi_02.jpg


"タブラオ"とは、食事やお酒を楽しみながらフラメンコを鑑賞するバルやレストランのことをいい、スペインでは身近な存在。スペインの一流アーティストたちもみなタブラオに出演しています。

20161108_garlochi_07.jpg


フラメンコというと、大きな劇場で観るものと思っている人もいると思いますが、じつはもともとはこういったバルなどで踊られるもの。舞台と観客の距離が近いぶん、踊り手や歌い手たちのエネルギーがストレートに伝わってくるので、観ているほうも一緒になって盛り上がることができるのが醍醐味です。

20161107_garlochi_03.JPG


フラメンコの迫力を味わうながら、劇場よりも断然タブラオがおすすめ。

『ガルロチ』ではそんなタブラオの空気を日本にいながら体験できることに加え、注目を集めるのが、あの『エル・ブリ』で修行を積んだという山田チカラシェフによるお料理です。

20161114_garlochi_other.jpg


スペインの『エル・ブリ』といえば、世界一予約のとれないレストランとして知られ、映画にもなったほど。伝統的なスペイン料理に、その『エル・ブリ』のエッセンスと、スペインでは使われることのない日本の素材を組み合わせ、ほかでは体験できない美食の世界を追求するのが"ガルロチ風"なんだそう。

20161108_garlochi_05.jpg

20161108_garlochi_06.jpg


聞いているだけで、いったいどんなお料理と出会えるのかわくわくしますね。

ちなみに出演するアーティストは時期によって変わるので、行くたびに新しいショーを楽しめるというのも嬉しいポイント。現在は、スペイン国立バレエ団で活躍するヘスス・カルモナグループのショーが開催されているので、ぜひ本場のフラメンコと究極のスペイン料理を堪能しに足を運びたいもの。ちょっとゴージャスな忘年会の席をアレンジしてみるのも喜ばれそうですね。

タブラオ・フラメンコ ガルロチ
住所:東京都新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館6F

営業:11:00〜22:30

電話:03-5361-6125

※ショータイムは1部19:30〜、2部21:20〜

[ガルロチ]

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.