くらし情報『チーズと泡のマリアージュ、いまさら? と言わず学んでみた』

2016年11月8日 17:45

チーズと泡のマリアージュ、いまさら? と言わず学んでみた

目次

・チーズのプロが和洋のマッチングを伝授
・泡には甘いチーズがいい!?
チーズと泡のマリアージュ、いまさら? と言わず学んでみた


シャンパーニュが好き。ワインが好き。当然ながらチーズも好き。

グラスのかたわらにはいつもチーズがあります。とはいえ選ぶのは気分次第で、なんとなく「今日はブルーチーズかな」「フレッシュでいこう」とチーズホッパーなわたし。

そこできちんと"マリアージュ"を学んでみようと、グルメイベント「ラ・メゾン・デュ・フロマージュ」を取材してきました。

このたびのイベントは、フランス全国酪農経済センター(Cniel)とヨーロッパ連合(EU)による共同開催。珍しい種類のチーズの販売や、あまり知られていないチーズの楽しみ方が学べるワークショップもあり、チーズ好きにはたまらない内容に。

チーズのプロが和洋のマッチングを伝授

ワークショップの講師には、世界最優秀フロマジェコンクール大会で優勝経験を持つ、フランスチーズ鑑定士のファビアン・デグレ氏も登場。

20161108_cheese_02.jpg

シュバリエ・デュ・タスト・フロマージュ、シュバリエ・デュ・サント・モール・ド・トゥーレーヌなど権威あるチーズの資格を保持。しかも実家はフランスのチーズの名店という、まさに"チーズの騎士"です。

チーズといえばワイン? そうですね。しかしチーズのプロに言わせると、日本酒、日本茶、紅茶、ウィスキーにも合うのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.