くらし情報『傷ついている時ほど人のために生きる。そうすればちゃんと前に進める【平原綾香さんインタビュー】』

2016年11月16日 21:45

傷ついている時ほど人のために生きる。そうすればちゃんと前に進める【平原綾香さんインタビュー】

目次

・悩みも笑い飛ばしてくれる女友達が何よりも心強い
・いつも「ありがとう」の気持ちを持つことが大事
傷ついている時ほど人のために生きる。そうすればちゃんと前に進める【平原綾香さんインタビュー】


楽しいときもつらいときも、いつでも私たちに寄り添ってくれるもの。それこそ音楽であり、おそらく誰もが幾度となく救われた経験があるはず。

そんな、人生に欠かせない音楽を届けてくれるシンガーソングライターのなかでも、力強さと繊細さを兼ね備えた稀有な歌声を持つ女性歌手といえば、平原綾香さん。

いつもは私たちに感動を与えてくれる存在である平原さんだが、最近ある映画に心が大きく揺さぶられたという。

それは、11月18日より公開の『マイ・ベスト・フレンド』。幼いときから大親友である2人の女性の絆と友情を描いた感動作で、平原さんは日本版テーマソングを歌っている。そこで今回は、音楽や女友達への思いを語ってもらった。

悩みも笑い飛ばしてくれる女友達が何よりも心強い

20161115_hirahara_02.jpg


この作品は、平原さんにとって、30代で観た映画のなかで一番好きな映画となり、特にクライマックスのシーンでは声を出して泣いてしまったほど涙が止まらなかったそう。

というのも、平原さんにも主人公であるミリーとジェスの関係と同じように、助けを求めれば、どんなときでも必ず駆けつけてくれる親友の存在がいるからだと明かしてくれた。

「高校に通っていたときの同級生と先輩、その先輩の妹と私の4人グループです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.