くらし情報『童話がリアルに。どこか懐かしいベルギー・アルデンヌのお城たち』

2016年11月29日 17:45

童話がリアルに。どこか懐かしいベルギー・アルデンヌのお城たち

目次

・ムーズ川の朝もやに霞むフレイル城
・ムーズ川を見下ろす廃墟
・皇太子さまも訪れたヴェーヴ城
・充実の見学に大満足、モダーヴ城
童話がリアルに。どこか懐かしいベルギー・アルデンヌのお城たち


大人の女となったいまでも、「お城」という言葉には、どこか心をワクワクさせるエッセンスが入っているような気がします。子どものころ夢中になった童話の世界を彷彿させるせいでしょうか。

実際、ヨーロッパ旅行で外せないもののひとつが、お城の観光でしょう。ヨーロッパの城というと、ドイツ・ロマンチック街道のノイシュヴァンシュタイン城とか、フランス・ロワール川渓谷に立ち並ぶ古城が有名です。けれども、以前も書いたように、ベルギー南東部アルデンヌにも、多くの城が点在します。

アルデンヌは、森林や渓谷など自然の美しさで知られる地方です。王国であるベルギーでは、いまも貴族の称号が残っており、城も私有のものが多いようですが、外から見るだけでも素敵なものや、博物館のように見学可能な場所もあります。

ムーズ川の朝もやに霞むフレイル城

たとえば、ムーズ川(マース川)沿いに建つFreÿr(フレイル)城は、ボーフォール・スポンタン公爵が避暑のために建てたルネサンス様式の屋敷です。

20161129_freyr_1.jpg

ルネサンス様式の城

私が訪ねた晩秋の朝は、ムーズ川から朝もやが立ち上っていました。うしろに佇むフレイル城はぼんやり霞んでしか見えず、まるで、モノクロのような不思議な風景を見ることができました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.