くらし情報『パートナーと一緒に使えます。現代に甦る19世紀ウィーンの香り』

2016年12月21日 17:45

パートナーと一緒に使えます。現代に甦る19世紀ウィーンの香り

目次

・19世紀のウィーンの街と文化からインスピレーション
・4種の香りに4つのストーリー
パートナーと一緒に使えます。現代に甦る19世紀ウィーンの香り


クリスマスには、パートナーに香りの贈り物を考えている人もいるかもしれません。ユニセックスな香りなら、ギフトとして贈った後に、自分も借りることができて便利。

パートナーと同じ香りをまとえるフレグランスブランド「WienerBlut(ウィーナーブルート)」が、日本初上陸です。

19世紀のウィーンの街と文化からインスピレーション

20161220_wienerblut_1.jpg


「WienerBlut」は、広告業界でクリエイティブディレクターとして働いていたアレクサンダー・ローバーさんが、2009年にウィーンで設立したユニセックスのフレグランスブランド。

ヨハン・シュトラウス2世が作曲した有名なワルツ「Wiener Blut(ウィーン気質)」に由来したというブランドネームの通り、19世紀のウィーンのエッセンスを再現すべく、当時のレシピをベースに現代的な香りへと昇華させたのだそう。

そう聞いたからか、なんだか懐かしいような、歴史を感じるような香りがしました。

20161220_wienerblut_3.jpg


ボトルデザインは、19世紀の香水瓶やスタイルを研究し、ニューヨークを拠点に活躍するオーストリア人のアートディレクターのアレックス・ウィーデリンさんによるもの。

ほかでは見かけないスタイリッシュなボトルで、すべてが職人さんの手作業で仕上げられるため、よく見るとひとつずつ、微妙に形が違います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.