くらし情報『自分にとって意味のあることをすれば世界は変えられる【シリル・ディオン監督インタビュー】』

2016年12月22日 21:45

自分にとって意味のあることをすれば世界は変えられる【シリル・ディオン監督インタビュー】

目次

・このまま何もしないでいることはできなかった
・誰にでもできることはたくさんある
自分にとって意味のあることをすれば世界は変えられる【シリル・ディオン監督インタビュー】


2012年にある衝撃的な論文が発表されたことを知っていますか?

何不自由ない日本に暮らしている私たちにとっては、にわかには信じがたい話かもしれないが、「遠くない未来に人類は滅亡する恐れがある」という。

そんな重大な危機に瀕しているにも関わらず、この事実を多くの人は知らないままであり、現実を突きつけられたいまなお、どこか他人事のように感じている人もいるはず。

そこで、活動家でジャーナリストのシリル・ディオンとハリウッドでも活躍しているフランス人女優のメラニー・ロランが立ち上がり、新しいライフスタイルを探求するドキュメンタリー『TOMORROW パーマネントライフを探して』を制作。本国フランスでは、記録的な大ヒットとなり、幅広い層から関心を集めた。

当然ながら、そこには私たち日本人も知るべき現状と解決策が詰め込まれており、まさに"2017年からの生き方にも影響を与える映画"ともいえる。

今回は、監督のひとりであるシリルさんから私たちへいま伝えたい思いを語ってもらった。

このまま何もしないでいることはできなかった

20161222_movie_02.jpg


この映画の発端ともなった論文というのは、ネイチャー誌に掲載されたものだが、シリルさんも初めて読んだときには、かなりの衝撃が走ったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.