くらし情報『ビジネスは筋書きのあるドラマ。新年は恋愛映画のように仕事する【女の本棚】』

2016年12月27日 06:45

ビジネスは筋書きのあるドラマ。新年は恋愛映画のように仕事する【女の本棚】

目次

・シナリオを組み立てると、仕事の本質が見えてくる
・三部構成の序破急。「映画」と「仕事」シナリオの共通点
・まるで、恋愛映画のシナリオを作るように仕事する
ビジネスは筋書きのあるドラマ。新年は恋愛映画のように仕事する【女の本棚】


一年間、私たちはよく頑張り、働きました。

「本当におつかれさま」って、互いにその健闘をたたえ、褒めてあげなくてはいけません。オフィスというステージで、さまざまなモンスターと戦いながら過ごした一年。でも、よく考えたら、その筋書きは、いつも少し行き当たりばったり。ふりかえればジャンルはいつも、戦闘ものばかりのような気がします。

来たる新しい年は、もう少しドラマチックなシナリオを、さまざまなジャンルで描いてみたいとは思いません?

ビジネスは筋書きのあるドラマ。でも、決定稿はありえないから。いつまでも永遠にシナリオを書き直しながら仕事する。来年の今ごろは演技幅が広い、自作自演のマルチな女優になっていたいものです。私たちの人生、来年もより輝かせていきましょう。

シナリオを組み立てると、仕事の本質が見えてくる

営業は恋愛映画/企画プレゼンはミステリー/交渉は人間ドラマ/マネジメントはコメディ/対上司はロールプレイングゲーム
行き当たりばったりで仕事をしていて、いつもうまくいっていない人でも、「シナリオノート」を導入するとうまくいきます。

表紙裏書より引用

シナリオを組み立てることで、必然的に仕事に対して、受け身からの脱却につながるのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.