くらし情報『高速道路に自転車で入ったようなスピード感に震えた【ミクシィ 根本悠子さん】』

2017年1月11日 19:45

高速道路に自転車で入ったようなスピード感に震えた【ミクシィ 根本悠子さん】

目次

・服飾系の仕事から一転、Webの世界へ
・もっと自分でやりたい。転職を考える
・産休から復職。目が回るスピード
高速道路に自転車で入ったようなスピード感に震えた【ミクシィ 根本悠子さん】


スタイリッシュな服装、ハキハキとした話し方、ユニセックスな言葉のセレクト。株式会社ミクシィの根本悠子さんは、端から見ても頼りがいのある雰囲気を漂わせる女性。

XFLAG スタジオ プロモーショングループのマネージャーであり、なんと一児の母でもある。全力で駆け抜けてきたかに思えるキャリアを伺ってきた。

服飾系の仕事から一転、Webの世界へ

20170111_career_02.jpg


もともと出身は服飾業界。学生のころはスタイリストのアシスタントも務めていた。卒業後にほかのアルバイトと掛け持ちして体を酷使した結果、体調を崩してしまう。

当時は、インターネット黎明期。仕事ができない間、PCを購入してHTMLなどを独学で勉強しWeb業界への転職を決意。ほどなくして、知人から広告制作会社を紹介される。

「本当はデザインなど制作に興味があったのですが、基礎的なスキルが足りず、まだ初心者の域。そこで、まずは人が足りない営業から入りました。その後、キャリアチェンジできればいいなと思っていましたが、どこの世界もプロフェッショナルってそんなに甘くないですよね」(根本さん)

営業担当として、広告の企画やデザイン、取材などを横目に見ながら働く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.