くらし情報『ジュエリーからはじまる。女性の、社会の幸せ【HASUNA 白木夏子さんインタビュー】』

2017年2月17日 19:45

ジュエリーからはじまる。女性の、社会の幸せ【HASUNA 白木夏子さんインタビュー】

目次

・社会の課題を解決するビジネスがしたい
・経営者としてあるべき姿とは?
・"PERPETUAL JEWELRY"に込めた想い
ジュエリーからはじまる。女性の、社会の幸せ【HASUNA 白木夏子さんインタビュー】


美しく輝くジュエリーは、いつだって私たちを幸福に、ときには勇気づけたりしてくれる大切な存在。けれどもその裏にはさまざまな社会問題が隠されていることを、どれだけの人が知っているだろうか。

"人々の営みや、自然に配慮して生み出された"ジュエリーブランド『HASUNA』。

創業者であり代表取締役の白木夏子さんに、『HASUNA』誕生の軌跡と、ご自身のキャリアやライフスタイルについてお話を伺った。

社会の課題を解決するビジネスがしたい

白木さんが起業を決意したのは2008年。ロンドンの大学で国際開発学を学んだ白木さんは、留学中に訪れた南インドの貧困層での体験をはじめ、世界中に蔓延するさまざまな社会課題を目の当たりにした。

卒業後は徹底的にビジネススキルを磨きたいと考え、外国人向けの不動産投資ファンドで3年ほど務めた。

完全に男性社会である業界。白木さんは平均睡眠時間2~3時間という昼夜のない生活のなか、がむしゃらに働き、ビジネス最前線でさまざま経験を積んだ。

そのような生活が2年以上続いたころ、身体を壊した。折しもリーマンショックのタイミングで、それらをきっかけに転職か起業かを考えるようになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.