くらし情報『#6 いまこそ体験してほしい! メディアアートin六本木【乙なアート】』

2017年2月27日 20:45

#6 いまこそ体験してほしい! メディアアートin六本木【乙なアート】

目次

・さっそくですが、展覧会の話題作をチェック
・メディアアート界のあのスターも登場します
#6 いまこそ体験してほしい! メディアアートin六本木【乙なアート】


光る、動く、音が鳴る......わくわくのアートといえば、世界中で話題の"メディアアート"。観たことがある! という方も増えてきたのではないでしょうか?

第6回目の【乙なアート】は現在開催中のメディアアーティストの作品が集結する展示『Media Ambition Tokyo 2017(メディア アンビション トーキョー)』をご紹介します。

さっそくですが、展覧会の話題作をチェック

宇宙船の一部のような未来的なカタチがかっこいい! ということで作者でもないのに決め顔して撮った冒頭の写真の作品は、ゴウゴウ、ピコピコと音を発するダヴィッド・ルテリエによる「ヴァーサス」。

予測できない音や動きで対話をする向かい合う2つの黒いオブジェで、片方からアウトプットされた音に反応して、今度は向かい側が動くという不思議なキネティック・スカルプチャー。

20170227_art_1.jpg


大きな全天球の中でつぎつぎと展開するモーショングラフィックスに、呆気にとられる数分間。あまりの映像の勢いで自分が宇宙船に乗って浮遊しているかのような気分を味わえる「Tokyo Light Odyssey : future by LEXUS」は常に新しい表現方法を探求するWOWと、LEXUSのコラボレーション作品です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.