くらし情報『【ビジネス手土産 #21】知る人ぞ知る、甘くない名作。プチサイズの塩味パイ』

2017年5月1日 11:15

【ビジネス手土産 #21】知る人ぞ知る、甘くない名作。プチサイズの塩味パイ

目次

・代官山のシンボル『シェ・リュイ』でヒットし続ける焼き菓子缶
・「間違いない」という安心感と、サプライズのワクワク感
・用途に合わせて、甘いクッキーとセットにも
【ビジネス手土産 #21】知る人ぞ知る、甘くない名作。プチサイズの塩味パイ


甘いものがお好きかどうか掴みきれていない相手には、どのような手土産を選びますか? お酒やシャルキュトリー、ホテルメイドのスープ缶。選択肢はいろいろとありますね。

でも、「菓子折りでも持って...」という言い回しがあるように、「やっぱりお菓子」というシーンなら? お煎餅でしょうか。お煎餅、日本人ならきっと、大体の方(わたし含め)が好きでしょう。でも、「お煎餅ではない」というシーンもあるかと思います。

そんなときは、伝統的なフランス菓子を置く店で、甘くない焼き菓子を。今回は、代官山で愛され続けているパンとケーキのお店から、プチサイズの塩味パイをご紹介します。

代官山のシンボル『シェ・リュイ』でヒットし続ける焼き菓子缶

ご紹介するのは、代官山の老舗『シェ・リュイ』。代官山郵便局のお隣には1975年に開店した本店、そのお向かいには、オープンテラスも印象的な姉妹店を構え、代官山の景色の一部として親しまれている、ブーランジェリー&パティスリーです。

170429_gift_1.jpg


代官山を歩いたことがある方なら、誰もがピンとくるであろう有名店。とはいえ、甘いものを好まない人なら、自分には縁のないお店だと思っているかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.