くらし情報『カフェみたいな精肉店がセレクト。丸の内「和牛プロジェクト」』

2017年5月29日 20:45

カフェみたいな精肉店がセレクト。丸の内「和牛プロジェクト」

目次

・精肉店がファッショナブルに進化
・80年間磨き上げられた和牛の味を丸の内で
・柔らかさ、美味しさ、香り、すべての条件が揃った肉を厳選
・希少部位3種をワインのようにテイスティング
カフェみたいな精肉店がセレクト。丸の内「和牛プロジェクト」


お肉は、量より質。本当に美味しいと思えるものを、残さずいただけるくらいの適量で、美しく食したい。今日も今日とて美味しい肉情報をリサーチしていると、精肉店セレクトの高級牛を楽しめるお店を見つけました。

精肉店がファッショナブルに進化

20170529_beef_04.jpg


精肉店といっても、今回紹介する精肉店「TOKYO COWBOY」は、小さい頃に見た近所のお肉屋さんとはちょっと様子が違います。

東京・用賀にあり、内装からショーケースに至るまで、これまでのお肉屋さんとはあきらかに趣が異なり、まるでカフェか撮影用キッチンのよう。お肉は、カットされていないブロック肉だけを陳列。あえて産地やブランド名も表示せず、お客様のニーズにあわせてオーダーカットで提供しています。

わたしたちが美味しくて良質なお肉を口にするためには、そのお肉を選んでレストランなどへ卸す、精肉店の審美眼が欠かせません。名だたる有名店にもお肉を販売している精肉店がセレクトした肉料理ということで、期待が高まります。

80年間磨き上げられた和牛の味を丸の内で

20170529_beef_01.jpg


そのTOKYO COWBOYがセレクトしたお肉の料理は、丸の内の明治生命館にあるレストラン「ロゼット」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.