くらし情報『休肝日だって特別感を。ニューヨーカーのモクテルレシピ [The New York Times]』

2017年7月12日 06:30

休肝日だって特別感を。ニューヨーカーのモクテルレシピ [The New York Times]

複雑な味わいのもの、舌に強い刺激を与えるものを使うことで、アルコール分の持つパンチを補うのです。

「よく使うのが、生姜。あとはトニックウォーター、水出ししたお茶やハーブティーなんかもいいですね。ポイントは甘さを抑えて、苦味やスパイシーな風味を加えることです」

170707_nyt_2.jpg

冷やしたハイビスカス・ティーにリンゴ酢と蜂蜜を加え、炭酸水で割った「ハイビスカス・フィズ」(Rikki Snyder/The New York Times)
もうひとつの重要な材料が酢。やはり強い刺激があります。「野菜ジュースを飲んでいても、ワインや蒸留酒のような独特の味わいが恋しくなるときがあります。特に酸味と塩気ですね」とサントロ氏。

「家で良く飲むのはお酢を使ったドリンクに、軽く塩を足したもの。レモンなどの柑橘類では出せない強い酸味が気に入っています」

美味しいノンアルコール・カクテルを作るためのコツをまとめると次のようになります。まずは、強い刺激や複雑な味わいのある材料を混ぜる。(例:レモンに塩を刷り込む、ハイビスカス・ティーにリンゴ酢を混ぜる)。そこに発泡系の清涼感のある飲み物を加える(例:ジンジャービールやジンジャーエール、トニックウォーター、発泡水など)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.