さよならホリデー太り。ヘルスコンシャスな地中海クルーズ

2017年9月18日 19:45
 



いろんなところに出かけてはみたいけど、せっかくのホリデーはゆっくりしたい。そんな年代に差し掛かってしまった私たち。ラグジュアリーなリゾートでなんにもしない日々を過ごすのは、贅沢この上ありません。でもホリデー中に太ってしまった、という経験があるのは私だけでしょうか?

頑張っている自分にご褒美にと、行ったホリデーが肥満への道。毎日がご褒美DAYだから、今まで我慢していたものを食べてしまい、カロリーオーバー。しかもホリデーだからと、毎日ダラダラ過ごして運動不足。胸に手を当ててみてください。心当たり、ありますよね!?

そんなお悩みを解決してくれそうなホリデー、見つけました。「Oceania Cruises (オーシャニア・クルーズ)」。そう、クルーズで旅をしながら、ヘルシーなホリデーをおくれるのです。「Oceania Cruises」は、プレミアム船としての値ごろ感と、美食の船として知られる洋上のファインダイニング、世界各地の多彩なデスティネーションが特徴です。

豪華客船でありながら、ドレスコードは毎日が「エレガント・カジュアル」と、とっても気軽な旅を楽しむことができます。今回、私は「Riviera(リビエラ)」(乗客定員1,250名)という船で、地中海を10日間旅しました。

本格的なフィットネスとウェルネスのクラスが無料

寝ている間にホテル(クルーズ)が移動してくれ、朝起きたら観光に出かける。疲れたらホテル(クルーズ)に戻って、プールサイドに寝転がったり、スパで日頃の疲れをいやしたり。

それがクルーズの醍醐味でメリットでもあるのですが、だいたいがフルボードで、美味しそうなメニューに惹かれ、ついつい食べ過ぎに。どこにも寄港しない日は、ダラダラと過ごしてしまい、やっぱりデブの道。

20170915_cruise_5.jpg


でも、「Oceania Cruises」では、「キャニオン・ランチ・スパ・クラブ」のジムとフィットネス施設やサウナが利用できるだけでなく、ヨガやピラティス、Awesome Absなどの12種類以上のウェルネスのクラスも無料で受けることができます。

40年近くにわたってウェルネス・ライフスタイルのパイオニアとして業界をリードしてきた「キャニオン・ランチ」。ラスベガスにある、最大規模のスパクラブが有名で、スパトリートメントのクオリティの高さは、皆さんもご存知のとおりです。

20170915_cruise_4.jpg

ウェルネスクラスにはたくさんの人が参加し、ジムも船が寄港しているとき以外はいつもいっぱいでした。「Riviera」のジムは広くとても開放的なうえに、クルーズ中の海を見ながらのトレーニングは爽快。この施設を使わないのは、もったいないと思ったほどでした。

20170915_cruise_3.jpg


キャニオン・ランチ・スパ・クラブのディレクター、イザベル・ストラウスさんによると、「40代は筋肉量や骨密度の減少が見られはじめるので、筋力トレーニングが必要」とのこと。「筋肉運動の整合やバランスを維持することも不可欠なので、ブートキャンプやダンス、エアロビクスなどをするのも、素晴らしいと思うわ」とも。

やっぱり私たち40代には、エクササイズが必要なようです。

ヘルシーな「キャニオン・ランチ」のスパ料理も

美食のクルーズを代表する「Oceania Cruises」の「Riviera」には、アジアンフュージョンのレストランを含む4つのディナータイムレストランと、アラカルトやブッフェスタイルのあわせて6つのレストランがあります。

メインダイニングは配膳のタイミングにも配慮された美食へのこだわりが感じられる一方で、好きな人と好きな時間に楽しめる気軽さも魅力。一方で、例えば本格的イタリアンが楽しめるトスカーナでは、ロブスターなどの自家製パスタや、肉料理、そしてティラミスが絶品でした。

20170915_cruise_2.jpg

昨日食べ過ぎた、と思った朝は、プールサイドの「ウェーブズグリル」にあるジュースバーでスムージーやフレッシュジュース、アサイボウルで済ませることもでき、昨日のティラミスが帳消しになった気分に(気休めかもしれませんが......)。

その他にも、ヘルシーな料理を食べたいときは、「キャニオン・ランチ」のシーズナルでフレッシュな食材を使ったメニューを、朝と晩に楽しむことができます。コースで食べるので、まったく「我慢した」という気分にならないうえに、とっても美味しく、満足のいくメニューです。しかも日替わりなので、同じメニューを食べなければならない、なんてことはありません。
20170915_cruise_1.jpg


ある日のメニューでは、前菜にカポナータ、クミンドレッシングのグリーンサラダ、メインはターキーの胸肉ブラッドオレンジソース、クランベリー添えでした。アイテムの下にはカロリーと脂質、食物繊維含有量も示されていて、このメニューを完食しても675カロリーと、ディナーにしてはローカロリーでした。

帰国後、少しでも太ると入らなくなるスリムのジーンズが、なんなく履けたのには感激でした。ホリデーに我慢は禁物。でも自分の体調管理を無理なくできるなら、それにこしたことはありませんよね。

この「Riviera」の2018年地中海クルーズ(4月21日~11月1日)には、日本語対応のコーディネーターが乗船します。海外旅行でのわずらわしさがまたひとつ減って、ホリデーを存分に楽しめそうです。

Oceania Cruises 日本事務所
電話: 03-4580-9293
公式サイト: http://jp.oceaniacruises.com
※指定の旅行代理店でも予約可能

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.