くらし情報『シャーロッツビルその後。オバマやガガ、世界の反応は......』

2017年9月8日 19:45

シャーロッツビルその後。オバマやガガ、世界の反応は......

目次

・シャーロッツビル事件への有名人のコメント
・人種差別の一因はアメリカ経済の不調か?
・事件のアメリカ社会への影響
シャーロッツビルその後。オバマやガガ、世界の反応は......


アメリカ第一主義を推し進めるドナルド・トランプ大統領の就任以来、アメリカ全土で浮き彫りになったのが、移民や白人以外の人種への差別という問題。

2017年8月12日には、ヴァージニア州シャーロッツビルでついに悲劇が起きました。「言論の自由」を盾に人種差別を容認する白人至上主義者の集会に、集会に講義する反対派の車が突っ込み、死者1名、負傷者19名をだす大惨事にいたったのです。

今後、アメリカはどのような方向に向かうのでしょうか。

シャーロッツビル事件への有名人のコメント

事件後、トランプ大統領は白人至上主義者を明確に非難しない、歯切れの悪いコメントを発表。物議を醸したのも記憶に新しいところです。これとは対照的に、前大統領のバラク・オバマ氏のツイートが人びとの支持を集めています。

"No one is born hating another person because of the color of his skin or his background or his religion..." pic.twitter.com/InZ58zkoAm

-- Barack Obama (@BarackObama)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.