くらし情報『#9 好きなことをかたちに。私を物語るジュエリー【青木貴子のワードローブ】』

2017年11月1日 11:15

#9 好きなことをかたちに。私を物語るジュエリー【青木貴子のワードローブ】

目次

・好きなことは得意なこと
・純粋な「好き」を仕事に
#9 好きなことをかたちに。私を物語るジュエリー【青木貴子のワードローブ】


子供の頃に好きだったことは、そのひとが本当に得意なものであることが多いという。考えてみると子供って正直だから上手くできないことに興味を示さない。純粋な感覚で選んでいた「好き」はシンプルに自分にフィットするものだったということなのかもしれない。

好きなことは得意なこと

大人になると頭でっかちになって、余計なこと(それは間違ったプライドだったり、情報だったり)に振り回されて本当は好きじゃないことや、得意ではないことをどうにか克服しようとする。そしてそれをモノにできなくて、才能の幅というか自分でできることって少ないな、んて、どんどんいろいろなことを諦めていったり......。

171001_jewwlry_1.jpg

私がプロデュースしているジュエリーブランド「allan (オールアン)」のアイテム。重ねづけできるのがポイント。

なにか形にできることを見つけたいと思ったら、子供の頃に好きだったものやことは何だったのかを思い返してみるといいと聞いた。私は小さい頃から何かを作るのが好きだった。それはお世辞にも上手とは言えないポエムだったり、お菓子作りだったり、絵を描くことだったりした。

ポエムは執筆活動に(このようにエッセイを書かせていただいたり本を書いたり)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.