くらし情報『デニム姿のスタッフがお出迎え。アンダーズ 東京の新たな試み』

2017年11月9日 19:45

デニム姿のスタッフがお出迎え。アンダーズ 東京の新たな試み

目次

・オリジナルデニムに込めた思い
・共通のコンセプトにより実現したコラボ
デニム姿のスタッフがお出迎え。アンダーズ 東京の新たな試み


日本初のラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」では、"新しいラグジュアリーの在り方"を日本で提案する試みとして、日本を代表するデニムブランド「レッドカード」とコラボレーション。オリジナルデニムをお披露目しました。

オリジナルデニムに込めた思い

20171109_denim_2.jpg


アンダーズ 東京は、形式にとらわれないパーソナルスタイルのサービスで人気のホテル。訪れる人が上質な時間を過ごせる空間とサービスを提供しています。

「ラグジュアリーホテル=ドレスアップしていく非日常空間」という固定概念をくつがえし、あえてカジュアルといわれるデニムを通じて、「自分らしいスタイルでいることこそがラグジュアリー」という考えにいたったという総支配人のロス・クーパーさん。

そこで、オリジナルデニムを作ることに。パートナーに選んだのは、"デニムのマエストロ"と呼ばれる本澤裕治さんがプロデューサーを務める「レッドカード」でした。

共通のコンセプトにより実現したコラボ

20171109_denim_1.jpg


日本国内のデニムブランドは少なくありませんが、今回のコラボパートナーに「レッドカード」を選んだ理由は、アンダーズブランドのコンセプトとの共通点が多かったからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.