くらし情報『地の果てには極上の楽園があった。聖なるリゾート「アマンギリ」』

2017年12月3日 19:45

地の果てには極上の楽園があった。聖なるリゾート「アマンギリ」

目次

・飛行機に乗り込んだら非日常のスタート
・リゾート全体がパワースポット
・充実のアクティビティ
・オールインクルーシブ。食事の満足度は重要な要素
地の果てには極上の楽園があった。聖なるリゾート「アマンギリ」


2020年にアマン ニューヨークが開業されることが発表され、アマンファンの期待が高まるアメリカ。

ワイオミング州ジャクソンホール、アマンガニに続き、今回は、ユタ州キャニオンポイントの5つ星リゾート、アマンギリをご紹介します。果てしなく広がる大地にメサ(丘)、キャニオン、青い空。広大な敷地に点在する施設は全室テラス、屋外ファイアプレイス付きスイートという贅沢さです。

飛行機に乗り込んだら非日常のスタート

20171203_aman_2.jpg


アマンギリ最寄りのハブ空港といえるのがフェニックス空港。片側一席、パイロット2名のみが従業員というプロペラ機に乗り、30分ほどのフライトで乗客約5名とともに降り立ったのは、小さなペイジ空港。まるで飛行機に乗り込んだ時点から、非日常というアドベンチャーが始まっているかのようです。

空港ではアマンのドライバーが大型のワゴンで出迎えてくれ、その後20分ほどのドライブで広大なリゾートの入り口へ到着。さらに5分ほど敷地内を車で進むとようやくアマンギリの中心であるレセプションのある施設が見えてきます。

事前にフライト詳細をメールで知らせておけば、ペイジ空港からのアクセスは快適そのもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.