くらし情報『色の魔術師、エミリオ・プッチ。ブランドの根源を成すソリッドカラー』

2017年12月1日 18:45

色の魔術師、エミリオ・プッチ。ブランドの根源を成すソリッドカラー

目次

・プッチ柄の誕生前に生み出されたソリッドカラーが主体
・美しい色だけど、似合うか心配
色の魔術師、エミリオ・プッチ。ブランドの根源を成すソリッドカラー


寒い季節になるとダークトーンのファッションに傾倒しがち。ブラック、カーキ、ネイビー。落ち着いた色味を着たい気分だからなのですが、それが続くと突発的に、綺麗な色ものが着たい!! という瞬間がやってきます。

心の叫びを察したのでしょうか。「エミリオ・プッチ」から「モノクロームカプセル」が発売されました。

プッチ柄の誕生前に生み出されたソリッドカラーが主体

20171128_pucci_1.jpg

「モノクロームカプセル」は5カラー、7アイテムが展開。Tシャツ41,000円、シャツ64,000円、ショートパンツ56,000円、カプリパンツ70,000円、ニット98,000円、ダウンジャケット99,000円、スカーフ 45×45cm 12,000円〜(すべて税別)。

エミリオ・プッチというと色彩豊かなグラフィカルプリントがまず思い浮かびますが、色の魔術師と呼ばれていたエミリオは、プッチプリントを生み出す前、プッチならではのソリッドカラーを作っていました。太陽の差し込む地中海の色、カプリ島の花々など、日常を彩るグリーン、ピンク、パープル、イエロー、オレンジの5色を主役に、7つのアイテムが発売されます。

20171128_pucci_2.jpg


ちなみにエミリオがファッションデザイナーとして初めて注目を集めたのは、ドレスやファッション小物ではなく、スキーウェア。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.