くらし情報『日本の食文化の記憶。2017年「今年の一皿」発表!』

2017年12月5日 20:45

日本の食文化の記憶。2017年「今年の一皿」発表!

目次

・今年の一皿は「鶏むね肉料理」
・フォトジェニックは必須要素
・ドリンクも個性派ぞろい
日本の食文化の記憶。2017年「今年の一皿」発表!


年の瀬が近づいてくると、この一年を総括するアワードがあちこちで始まります。
流行した新語やキーワード、映画に本......そして、忘れてはならないのが「グルメ」ですよね。
さて、2017年を反映するフードとは、果たして......!?

今年の一皿は「鶏むね肉料理」

20171204_gnavi_1.jpg


先日ぐるなび総研が、今年の世相を反映した料理を「今年の一皿」として選定・発表しました。その年の流行や話題になったもの、世相を反映しているもの、食文化の記録として後世に受け継ぐ価値があるという点で、大賞に選ばれたのはなんと、私たちの食卓にも今年数多く登場した「鶏むね肉料理」!

一般的には「もも肉」が好まれる傾向にあるなか、高齢化や健康志向の高まりから、高たんぱく・低脂肪な「むね肉」に人気が集まったのが選ばれた理由。パサパサ感が気になるむね肉も、塩麹や真空低温調理など調理の仕方にもバリエーションが増えて、しっとり美味しくいただけるようになりましたよね。

たしかに糖質制限ダイエットと合わせて、「むね肉サラダ」や「むね肉ハム」には今年、何度お世話になったことか。来年も引き続き愛されそうな食材です。

フォトジェニックは必須要素

20171204_gnavi_2.jpg


そして、まさに今年の流行語大賞「インスタ映え」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.