くらし情報『枕の向きはその日の気分で決定! 心地よく眠るための安眠法』

2016年3月30日 14:00

枕の向きはその日の気分で決定! 心地よく眠るための安眠法

目次

・枕の向きは関係ない?
・体は不快な感覚を求めていない
・快適で心地良い感覚とは
・不快で心地悪い感覚とは
・感覚を頼って心地よさを探す
・その日によって寝相も変えてみる
枕の向きはその日の気分で決定! 心地よく眠るための安眠法


お金が貯まる、恋愛がうまくいく、北向きはNG……枕の向きによって運勢が左右されると言われていますが、一番大事なことは安眠できるかどうかということ。ベッドに入ってすぐに眠ることができ、朝はスッキリと目覚められたら、その日一日とても気分よくすごせるかと思います。

枕の向きは関係ない?

枕の向きはその日の気分で決定! 心地よく眠るための安眠法


枕の向きだけで運気がアップするなら、誰だって試してみたくなりますよね。恋愛運をあげたい場合、枕を東側に向けるといいとされています。
しかし、体の声はどうでしょうか?日本の四季や気候、気圧などにより、体は常に外部からの影響を受けています。そのため、安眠できるかどうかはその日の体の調子により変化しているので、運気アップだからと言って枕の方角を決めても、安眠することができないことも。

体は不快な感覚を求めていない

いつも同じ枕、同じ方向で眠っているのに、なんだが寝心地が悪い、枕の位置が悪いと感じたことはないですか?
毎日体の感覚は少しずつ変化しています。寝心地の悪さを覚えたら、思い切って枕の位置を変えてみるといいかもしれません。人の体というものは、不愉快だと思う感覚を求めていません。快適で心地よい感覚を求めているため、それが満たされないと安眠することも不可能です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.