くらし情報『美しすぎる記者! 現役女優で記者の大木亜希子さんに今を生きる女性のあり方をインタビュー! 【後編】』

2016年4月20日 09:00

美しすぎる記者! 現役女優で記者の大木亜希子さんに今を生きる女性のあり方をインタビュー! 【後編】

目次

・そんなに頑張っていたのに、そこからどうして記者に?
・そんなときに決め手となったのは?
・でも、とても勇気のいることですよね?
・実際、会社に入ってみてどうだった?
・逆にこの経歴をもつからこそ活かせたことは?
・いろいろな角度から世の中を見てきた亜希子さんだからこそ言える「これからのあるべき女性像」とは?
・これからなにかをはじめたい人に、一言お願いします!
・そんな亜希子さんの今後の展望は?
美しすぎる記者! 現役女優で記者の大木亜希子さんに今を生きる女性のあり方をインタビュー! 【後編】


こんにちは、最近ユニクロ率が高い、渡辺早織(@w_saori)です。

インタビュー記事、『美しすぎる記者!元女優の大木亜希子さんに今を生きる女性のあり方をインタビュー!【前編】』(http://googirl.jp/entame-2/160415interview003/)は楽しんでいただけましたでしょうか?

華々しく女優デビューを飾りその後もアイドルとしてがむしゃらに頑張っていた彼女。そこから生まれた意外な人生の選択とは!?

後編、いよいよスタートです!

そんなに頑張っていたのに、そこからどうして記者に?

美しすぎる記者! 現役女優で記者の大木亜希子さんに今を生きる女性のあり方をインタビュー! 【後編】


亜希子: 当時所属していた事務所の人たちはすごく大好きだったし「頑張ろうね!」とか、「次はこんな仕事とろう!」と言ってくれて今でもとても感謝しています。
でもそれとは別に、そういうことを言ってくれる人って芸能界入ってから100万人くらいいたんです。そうすると気づいてくるのが、結局なにをするにしても自分次第なんだって。

亜希子: そんなときに、「文字を書くことも好きだったからコラムニストもやってみたい」と思って深夜ネットサーフィンをしていたら「しらべぇ」を見つけました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.