くらし情報『まだまだ女性の仕事!? 彼との家事分担、みんなどうしてる?』

まだまだ女性の仕事!? 彼との家事分担、みんなどうしてる?

2018年2月18日 03:00
 

関連リンク

・神戸電鉄・三木駅復興へのお手伝い 『おは朝』39周年企画
・粗相してもOK! 愛犬とドライブするとき絶対おすすめな3アイテム
・履くだけでほっそり♡春コーデの必需品《美脚見えデニム》の選び方
まだまだ女性の仕事!? 彼との家事分担、みんなどうしてる?


同棲や結婚を機に彼と一緒に暮らし始めたら、一気に家事の負担が増えて自分の時間がなくなってしまった!男性と暮らした場合、女性側のほうがどうしても家事の負担が大きくなってしまうケースが多いようです。でも、なかにはうまく家事を分担しているおうちや、彼のほうが積極的に家事をやってくれているおうちもあるのでは?と、他人の家事分担状況が気になりませんか?
彼や夫と暮らしている女性に、家事の分担をどうしているか聞いてみました。

家事は女性がほぼ100%

まだまだ女性の仕事!? 彼との家事分担、みんなどうしてる?


・ 「彼は全然家事しないです。でも、生活費は全部彼が払ってくれているので家事は私がやってもOK。私の稼ぎは全部お小遣いになるので」(27歳/歯科衛生士)

・ 「九州男児の彼は座っていれば勝手にご飯が出てきて家もキレイになると思ってるんです。お義母さんのしつけを呪いますよ」(26歳/建築会社勤務)

・ 「彼がやるのはゴミ出しと食後のお皿洗いくらい。家賃や光熱費は折半なので不満は大きいです。ただ、最初はなにもしなかったので皿洗いするようになっただけマシかな」(29歳/看護師

▽ 男性がまったく家事をしない場合、生活費の分担が女性側の不満を大きく左右するようです。また、彼が家事をする男かどうかは親の教育の影響も大きそうですね。一緒に暮らす前に実家の状況を聞いておきましょう。

彼の負担が3割くらい

・ 「言わないとやらないので、ホワイトボードに書いて分担表を作ってます。サボることも多いけど、お風呂掃除、子どものお風呂と寝かしつけ、ゴミ出しなど3割くらいはやってくれているかな。ちゃんとできたときはご褒美をあげてます。実家のフォローがないときついですけどね」(25歳/美容師)

・ 「トイレットパーパーが切れそうなときに先回りして買うような気遣いは男の人に求めるのは無理なので、定期的に必要な、掃除機がけとかわかりやすい家事をお願いしています。もっとして欲しいけど、褒めて伸ばさないとですね」(30歳/書店勤務)

▽ 女性は気付いて先回りして気を利かせることが得意ですが、男性はそういう家事は苦手分野ですね。結局女性側の負担は大きくなってしまうケースが多いようですが、褒めて伸ばすことも大事なようです。

そもそも分担しない

まだまだ女性の仕事!? 彼との家事分担、みんなどうしてる?


・ 「共働きなので、平日はほとんど家でご飯を食べないし料理はどちらもしません。クリーニングに出すのと洗濯は各自やることにしています。掃除は私。お風呂掃除は彼、というくらいであまり相手には頼りません」(32歳/出版関係)

・ 「家事代行サービスを週に2回お願いしています」(29歳/弁護士)

▽ 2人とも忙しいケースだと、なるべく家事の負担を軽くするように動くようです。共働きだと高収入の家庭も多いせいか家事代行サービスを利用することに抵抗がないようですね。

今回のアンケートでは、彼がほとんどやってくれているという回答はありませんでした。一緒に暮らしたら避けられない家事問題。事前にある程度話し合っておくことが大事になってくるようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.