くらし情報『「私の生き方にごちゃごちゃ突っ込まないで欲しい」と思う瞬間【第2弾】』

2017年10月28日 03:00

「私の生き方にごちゃごちゃ突っ込まないで欲しい」と思う瞬間【第2弾】

目次

・趣味を仕事にしたほうが良いとゴリ押しされるとき
・「いつも疲れている顔をしている」と言われるとき
・1人の時間を過ごしていることがかわいそうだと思われるとき
・エクササイズをもっとしたほうが良いよとゴリ押しされるとき
「私の生き方にごちゃごちゃ突っ込まないで欲しい」と思う瞬間【第2弾】


親から自立して、社会人として暮らしている私たちは恋愛・仕事・趣味などなど自分たちで選択する権利があります。とは言え、おせっかいなアドバイスをしてくる人たちも周りには多く、その選択に何かと小言を言われることもしばしば。今回は第1弾(http://googirl.jp/entame-2/171026gochagocha002/)に引き続き、そんな、「私の生き方にごちゃごちゃ突っ込まないで欲しい」と思う瞬間あるあるを集めてみました。

趣味を仕事にしたほうが良いとゴリ押しされるとき

仕事にしてもそれなりの収入がありそうなスキルのある趣味をお持ちの方も多いでしょう。そういった場合、周りから「それを本職にしたら?」なんて軽く言われることもありますよね。しかし、それを仕事にしない理由は本人が一番わかっているのです。趣味として楽しめる範囲で続けていきたいと考えているのに対して「私だったらそれを仕事にするけどなあ」なんて言われるとイラッとすることも。

「いつも疲れている顔をしている」と言われるとき

「私の生き方にごちゃごちゃ突っ込まないで欲しい」と思う瞬間【第2弾】


「なにか怒ってるの?」とか「いつも疲れた顔をしているね」とか顔の表情についてつっこまれ「もっと笑顔でいたほうが良いよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.