くらし情報『同感! 思わず「最悪!」と叫びたくなる瞬間あるある5つ【前編】』

同感! 思わず「最悪!」と叫びたくなる瞬間あるある5つ【前編】

2018年2月14日 02:00
 

目次

・公共施設のトイレで便座に座ったら湿っていた
・楽しい夢を目覚まし時計の音で強制終了
・駅まで来て定期を忘れたことに気づく
・水だと思って飲んだ飲み物がウォッカだった
・ダイエットしているのに体重が増えた
同感! 思わず「最悪!」と叫びたくなる瞬間あるある5つ【前編】


恋人にフラれた、数か月も前から楽しみにしていた旅行を友達にドタキャンされた……などなど、私達の日常のなかではしばしば「なんで私にこんなことが起きるの!?」と思ってしまうような出来事がしばしば起きますよね。今回はそんな、思わず「最悪!」と叫びたくなる瞬間あるあるを集めてみました。みなさんはいくつ共感するでしょうか?それではスタート!

公共施設のトイレで便座に座ったら湿っていた

普段から公共施設のトイレを使う際には絶対に除菌シートで便座を拭く習慣があるという人も多いでしょう。しかしそうでない場合や、とてつもなく焦っているときなんかはとりえず個室に入って急いで便座に座るわけですが、座ったあとに便座が湿っていることに気づくことってありませんか?
もしかしたら清掃したばかりだったのかもしれないけれど、最悪な想像をしてしまうんですよね。とりあえずこんな経験をすると「よし、次からは絶対に便座を拭いてからトイレをしよう」と心に誓うわけですが、すぐに忘れてしまい、また気持ち悪い便座に座ることになるわけです。

楽しい夢を目覚まし時計の音で強制終了

同感! 思わず「最悪!」と叫びたくなる瞬間あるある5つ【前編】


休みの日、目覚まし時計をかけずに自然に目覚めたときのあのすっきりとした気分、最高ですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.