くらし情報『しなやかな私をつくる本 #31『Lily ――日々のカケラ――』』

しなやかな私をつくる本 #31『Lily ――日々のカケラ――』

2018年2月15日 23:00
 

関連リンク

・浜野謙太、朝ドラ『まんぷく』での白衣姿披露「情熱の歯医者役」
・ももクロ・佐々木彩夏、ユニフォーム姿でサッカー日本代表にエール「ゴールキーパーってドンと構えてカッコいい」
・二人の性は演歌を奏でる…呼び名で占う「セックスの相性」
しなやかな私をつくる本 #31『Lily ――日々のカケラ――』


女性が生き方や考え方をアップデートし、つよくしなやかな自分を目指すのに役立つ本を月に1冊紹介します。

どんな日でも、朝は必ずやってくるから

しなやかな私をつくる本 #31『Lily ――日々のカケラ――』


人生というのは、ときに思い通りにいって、最高にうれしい瞬間もあるけれど、ときにまったく予想外の方向へいって、はあ……と落ち込むこともあります。波のように振れ幅があるのが人生なんでしょう。

「楽しいときも苦しいときも、夢のように幸せなときも、倒れそうなほど悲しいときも、ぜんぶを飲み込んで、朝は必ずやってきます。いろんなことがあるけれど、たいじょうぶ」(158ページより引用)

そう話すのは、『Lily ――日々のカケラ――』(https://www.amazon.co.jp/dp/4163907424/)著者で、女優の石田ゆり子さん。彼女の生の言葉はあたたかみであふれ、ときにユーモアも交えて、読み手の心をやわらかくほぐしてくれます。
健やかに、朗らかに生きているように見えて、女性ファンも多いゆり子さんが、自身の生き方や考え方を綴った本書から、今日から実践したくなる事柄をいくつかご紹介します。

体の声を聞きながら、調整する

体は食べたものからできています。いまの体は半年前に食べたものが影響している、と聞いたこともあります。それだけ食事と体は密接に関わっているということ。直接体に取り入れているものだから、それもあたりまえといえば、あたりまえなのかもしれません。
日々の食事をとても大切にしているというゆり子さんは、毎朝鏡を見ながら、両手指の腹の部分で顔の皮膚を額から頬、あごと、そっと触れて、弾力や乾燥度合いなどを確かめるといいます。そうやって、なぜいまこの状態になっているのか、原因を探ります。
毎日そうやって触れていると、小さな変化も見逃すことなく、異変を感じたらすぐになにかしら対処できそうです。
たとえば、「最近、動物性たんぱく質が足りていなかったな。だからいつもより乾燥がひどいのかもしれない」などと気づいたら、日頃のバランスのとれた食事に、不足していた食材を加えて、調整しているのだとか。

健やかな体をつくるために食べているもの

しなやかな私をつくる本 #31『Lily ――日々のカケラ――』
女優としてのキャリア33年。年齢を重ねてもかわいらしく、健康的なスタイルをキープし、透明感のある肌が美しいゆり子さんは、どんなものを食べているのでしょうか。本書ではおうちでの食生活がけっこう詳しく取り上げられています。

・豆乳は毎朝の習慣
・お肉は少量でも定期的に
・貧血予防にレバー
・卵もレギュラー食材
・サバ缶
・肌にも貧血にもいい牡蠣
・甘いものを食べたいときはヨーグルトとフルーツ、はちみつで

「今日なにを食べたか」を意識し、体にいいものを毎日いただくこと――シンプルな食習慣の積み重ねで、美しい人はできあがるのだと思います。

「基本、食事は腹8分目で止めるようにしています。また、寝る前の3時間は食べないルールを作っていますが、ときどきは破ってしまいますね(笑)。あまり厳しくせずに、食べたら動く、というふうにしています」(104ページより引用)

ストイックになりすぎるとストレスが溜まります。むしろ我慢しすぎた反動で、ドカ食いをしてしまう可能性も……。
たんぱく質と糖質、脂質、三大栄養素をバランスよくとって、自分に不足しがちな栄養素、多めに摂ったほうがいい栄養素を積極的に摂ることを心がけるのが、無理なく定着する食習慣ではないでしょうか。

微笑み顔で眠りにつく

ベッドに潜り込んで目を閉じたとき、いつもどんな表情をしていますか。ゆり子さんが笑って寝る、と綴っていたのを読んで、「あぁ、私は口角を下げたまま眠っていたな」と気づきました。

「寝ている間の表情は実はとても大切で、例えばしかめっ面で眠るとその評定が顔の筋肉の癖になり、眉間のシワが固定される原因になるそうです。それを聞いた20代のころからわたしはことあるごとに眉間を開いて微笑む癖をつけ、口角を上げてからおやすみ、またあしたね、と自分自身につぶやいて眠っているのです」(87ページより引用)

たとえ、その日がつらい日だったとしても、しんどく感じた日だったとしても、1日の終わりを心地よく締めてみる。笑顔で眠りへと入ってみる――。笑うことで自分の脳は簡単に騙せます。「なんだか楽しいな」「気持ちが回復してきた」などと思いを込めて、幸せな気持ちを取り戻しながら寝付くことができます。
年齢を重ねることを恐れずに、楽しみながら、味わいながら、どんどん「いい顔」「いい表情」の大人になっていく――石田ゆり子さんというひとりの女性からは、そんな印象を受けてなりません。「いまの私が一番好き」「いまこの瞬間が一番楽しくて、充実している」と思って生きたいすべての女性たちにおすすめの1冊です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.