くらし情報『あなたの伝え方は大丈夫? 言いづらいことを感じよく伝える4つのコツ』

あなたの伝え方は大丈夫? 言いづらいことを感じよく伝える4つのコツ

2018年3月6日 03:00
 

目次

・声のトーンに気を配る
・状況や環境に気を配る
・話の切り出し方に気を配る
・必ずフォローをすること
あなたの伝え方は大丈夫? 言いづらいことを感じよく伝える4つのコツ


物には言い方というのがありますが、相手の言動でカチンときたことはありませんか?もちろん、あなた自身、悪気はなくても言い方によっては相手を不快に感じさせてしまい、傷つけていることもあるかもしれません。言い方には気をつけなくてはいけませんよね。
特に、言いづらいことは嫌な思いをさせてしまいがち。ちょっとした言い回しで伝わり方も柔らかくなりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

声のトーンに気を配る

あなたの伝え方は大丈夫? 言いづらいことを感じよく伝える4つのコツ


まず「謝罪」に関しては、全面に誠心誠意をもって謝りますが、何かを「断る」時には残念そうな気持ちを前面に出すといいでしょう。
また、相手を「注意する」あるいは何かを「頼む」場合には、上から目線で言うよりも「微笑みながらお願いする」という姿勢の方がスムーズに事が運びますよ。

状況や環境に気を配る

話を切り出さなくてはならない時に、その時の状況や環境を考えなくてはなりません。わざわざ人前で伝えたり、騒がしい環境の中では大事な話なんてできませんよね。
そういった配慮によって、何らかのわだかまりがとけるのであればその方がベストですし、お互いに誤解せずにじっくり話すためにはカフェなどを利用するのもいいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.