くらし情報『ささやかながらも、ものすごーくイラっとするコト7つ』

ささやかながらも、ものすごーくイラっとするコト7つ

2018年3月26日 02:00
 

ささやかながらも、ものすごーくイラっとするコト7つ


大人女子たるものいつもクールで余裕のある笑顔を浮かべていたいものです。でも現実はそんな理想像とは大違い!誰の日常にも起こりうるささやかで、ちょっとしたことにものすごーくイラっとすることだってありませんか?今回はそんなあるあるを集めてみました!

ものすごーくイラっとするコト7つ

1. タイツのつま先に片方だけ穴が開いてしまっている冬場は冷えを防ぐためにも腰から足先までしっかりカバーするタイツを愛用している人も多いでしょう。でも数少ないタイツをヘビロテしているとあっという間に消耗が進み、つま先に穴が開いてしまっていることも。全体から見れば小さな穴でもやはり見過ごすことはできません。

2. メガネをかけていると、雪や急激な温度差などでレンズがあっという間に曇ってしまう
ささやかながらも、ものすごーくイラっとするコト7つ


メガネ女子ならきっと分かるはず!雪や雨、あるいは急激な温度差などでメガネのレンズがあっという間に曇ってしまい、視界が悪くなる、あの不快感。人の目も気になるし、慌ててレンズを拭くのも何だかカッコ悪い。こんな時にメガネをかけている自分を呪いそうな気持ちになりそうです。

3. 急いでいる時に限って、道路が通行止めになっていて迂回しなければならない仕事に、待ち合わせに、急いでいるけど何とか間に合いそうだと思って油断したのもつかの間、なんと道路に「通行止め」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.