くらし情報『オシャレを我慢しない! 花粉対策をしながらファッションを楽しむ小技』

オシャレを我慢しない! 花粉対策をしながらファッションを楽しむ小技

2018年3月27日 23:00
 

関連リンク

・足長コーデはおまかせ!ハイウエストデニムの春の着こなし
・ニコアンド×コールマンの新作アウトドアグッズ、ヴィヴィッドなカラーのテントやベンチ
・【GU・ユニクロ】上下プチプラアイテムだけで作るおしゃかわコーデ15選


毎日花粉症でツラい……そんな声を耳にすることが多くなりました。しかし、花粉の本番は4月に入ってから……そう、これからなのです。
花粉対策をすると、どうしてもマスクにメガネ、帽子など完全防備を優先してオシャレなんてそっちのけになりますよね。ですが、今回は花粉を予防しながらファッションを楽しむ小技をお伝えしていきます。

素材を気にすればファッションも楽しめる



花粉シーズンに一番重要にもなるのがファッションの素材です。セーターやカーディガンなどウール素材やフワフワした素材のものは花粉が繊維の中に入り込んでしまい、部屋に持ち込む原因になります。
ポリエステル素材のトレンチコートなど表面がツルツルとした素材のアイテムを用いることで、服に花粉が付きにくく、たとえ付いても手で払うことで簡単に落とすことができます。また、バッグも同様、エナメルなどツルツルしたものを用いるようにしましょう。
もしツルツルした素材のバッグをお持ちでない場合、この時期は可愛いショップ袋で対応するのもありです。紙なので花粉も付きにくくいざとなれば捨てられます。ハイブランドの袋や可愛い袋は花粉シーズン近くなったらとっておいて損はありません。
花粉シーズンの素材を知っておけば、買い物でも選びやすくファッションも楽しみやすくなりますね。

いつものコレはオシャレにチェンジ



花粉のせいでオシャレは後回し……なんてイヤですよね。そこで、いつもの花粉対策アイテムを

・ マスク→オシャレなストール
・ メガネ→花粉対策用の目薬
・ 帽子×おろしヘアー→アップヘアー

とチェンジしてみてはいかがでしょうか。花粉シーズンとはいえ時には、入社式や入学式、大切な人とのデート、初対面の交流会があるなど、マスクをしたくない、帽子を控えなければならないシーンもあることでしょう。
マスクができない日にはストールをマフラーのように巻きましょう。顔にボリュームを出す巻き方で、口元もストールでカバーできるように。そうすることでマスク代わりになります。花粉ブロックのクリームを鼻に、スプレーをストールにしておくことで効果も倍増です。また、髪の長い女性は髪にも花粉が付く可能性があるので、この時期はしっかりめのアップヘアーがおすすめです。髪を解くときはお風呂場で。

ワンテクで花粉を部屋に持ち込まない

玄関に入る前に全身を叩く家に着いたら玄関を開ける前に、全身をパンパンと軽く叩いたり払ったりし、表面についた花粉を落としてから入りましょう。オフィスでも同様です。

マスクは玄関で処理マスクは紐部分を持ちなるべく花粉がついたマスク部分に触れないようにそのままゴミ箱へ。

毎日洗えないアウター類はスプレーをアウターなどは毎日洗うことが難しいですよね。花粉ブロックスプレーをすることで服に着いた花粉を部屋の中でまき散らす心配がなくなります。すべて部屋に入る前の玄関で行うのが理想です。玄関にスプレーを置いておくようにしましょう。

手洗いうがい+顔洗い帰宅したら手洗いうがい、そして顔も洗いましょう。特に女性は長時間肌に花粉が付くことで肌も荒れやすくなります。花粉シーズンは手洗いうがい+顔も同時に洗い清潔を保ちましょう。

まとめ

いかがでしたか?これからツラい花粉症の季節がやってきますが、こうしたテクニックを取り入れながら乗り切りましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.