くらし情報『アラサーが「若く見える」と「若作りでイタイ」との境界線に悩むこと』

2018年4月8日 03:00

アラサーが「若く見える」と「若作りでイタイ」との境界線に悩むこと

目次

・フリルのついたトップスの選び方
・スカートの丈
・ゆるふわなヘアアレンジ
・トレンドに乗りすぎたメイク
・女の子らしい立ち振る舞い
アラサーが「若く見える」と「若作りでイタイ」との境界線に悩むこと


イタイと思われたくないけれど、やっぱり若く見られたい……。アラサー女子なら共感いただけるのではないでしょうか。しかし、若く見せようと意気込んでしまうほど“イタイ”と思われてしまうことも……。
「若く見えること」と「若作りでイタイ」の境界線はどこにあるのでしょうか。アラサー女子が悩む5つの境界線についてまとめました。

フリルのついたトップスの選び方

フリルのついたトップスは、着ているだけで女子力がアップするアイテムです。しかし、選ぶフリルのデザインによっては、「若作りでイタイ」と見られてしまうかもしれません。イタイと思われないようにするためにも、フリルのついたトップスを選ぶときは、無地でシンプルな色を選ぶなどして“大人な雰囲気”を残すようにしましょう。
また、パンツやスカートをシンプルなものにして、メリハリをつけるのもおすすめですよ。

スカートの丈

アラサーが「若く見える」と「若作りでイタイ」との境界線に悩むこと


20歳のときと同じ感覚でミニスカートをはくと「若作りでイタイ」と思われてしまうかもしれません。ミニスカートを履くときは、シルエットの見え方や素材などを気にして選ぶことで大人感を残すことができます。
例えば、ハイウエストのミニスカートを選んでレトロな雰囲気を出すといいかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.