くらし情報『「自分で“実験”しながら生きてます」りょかち【園子の部屋#3】』

2018年6月19日 00:00

「自分で“実験”しながら生きてます」りょかち【園子の部屋#3】

目次

・本業と副業の「りょかち」
・朝と夜ではTwitterの「視聴者」が違う
・タイムラインは「テレビ番組表」を作るのに近い
・Twitterは「自分が楽しむ」のが大前提
・過去ツイートのリツイートで「再放送」を
「自分で“実験”しながら生きてます」りょかち【園子の部屋#3】


編集者/ライターの池田園子が、そのときどきで気になる人、話を聞きたい人に会いにいく連載企画「園子の部屋」。第3回目はIT企業に勤めながら、数々の媒体へ寄稿しているコラムニスト、りょかちさん。
りょかちさんが知られるようになったのは、2年と少し前。内定~就職までの期間にかわいく仕上がった自撮り写真をTwitterにアップし、「自撮り女子」として知られるようになりました。

本業と副業の「りょかち」

「自分で“実験”しながら生きてます」りょかち【園子の部屋#3】


池田: 最近の「りょかち(活動)」は、自撮り女子から若者ネットカルチャーに詳しい人へと形を変えている印象を受けます。最近は「若者とネット、SNS」といったテーマでの寄稿が多いですよね。

りょかち: 昔は連載のほか、いろいろな仕事を受けていました。でも、最近は「やらないことを選ぶ」ことを意識するようになりましたね。選ばないことでどう変わっていくのか、自分の人生を通じて実験したい。その上でりょかちをもう一度作り直そうと思っているんです。

池田:ちょっと整理すると、りょかちさんと松田涼花さん(りょかちさんの本名)はまったく別物で、りょかちさん=SNS上の存在、という認識で合っていますよね?

りょかち: はい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.