くらし情報『元祖エキゾチック! 外国人から見た不思議な日本のイメージ5つ』

2018年7月19日 03:00

元祖エキゾチック! 外国人から見た不思議な日本のイメージ5つ

3. ”オタク”という生き方がある日本では”オタク”に対するイメージもかつてとはずいぶん変わり、社会的にも受け入れられてきています。でも外国人にとってはまだまだハードルの高い存在。
「アニメの世界にそんなに没頭していいの?」という視線が向けられやすいだけに、ショップやコスプレが充実している日本のオタク文化は異世界でもあり、ちょっと羨ましくもあり、というところでしょうか。
”オタク”という生き方がある日本は、やっぱり不思議な国と映るのかもしれません。

4. とても巨大な本屋がある
元祖エキゾチック! 外国人から見た不思議な日本のイメージ5つ


ネットが発達し、紙の本が売れなくなっているのは世界的な現象なのでしょうが、それにもかかわらず日本の大都市にはフロアーが何階もあるような本屋があることってスゴイことだと思われているようです。マンガコーナー、受験本コーナー、新書コーナーなどは日本ならでは。幼児向け絵本もあれば学術書レベルまで一つのお店で取り扱っている間口の広さには驚かされるのでしょう。
また書店員さんの心のこもった手書きPOP等も素晴らしいレベルと言えます。

5. 狭い住宅に住むためのアイデアやマナーがちゃんとある!狭い住宅事情にもかかわらず、そこで心地よく暮らすためのアイデアやマナーがあることに感心する外国人も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.