くらし情報『【趣味と私と人生と】vol.4 本に救われ、これからも本と生きていく(花田菜々子)』

2018年8月3日 00:00

【趣味と私と人生と】vol.4 本に救われ、これからも本と生きていく(花田菜々子)

目次

・あのヒット本を書いた人!
・『注文の多い料理店』で本の面白さに魅せられた
・社会が与えない価値観を本から得る
・恋愛中の人へおすすめの本3冊
・編集後記
【趣味と私と人生と】vol.4 本に救われ、これからも本と生きていく(花田菜々子)


心から「楽しい」「最高」と感じられる趣味があると、人生はよりおもしろく、彩り豊かなものになります。趣味という名の美しい沼に浸かっている人たちを紹介していく連載【趣味と私と人生と】。
第4回目は「本」を愛する花田菜々子さんに登場いただきます。

あのヒット本を書いた人!

【趣味と私と人生と】vol.4 本に救われ、これからも本と生きていく(花田菜々子)


2018年4月、小説『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』(https://goo.gl/6bsHZu)(河出書房新社)を出版した花田さん。7月時点で6刷が決まり、ヒットを記録しています。
子どものころから本が大好きで、居心地の悪さを感じていた学生時代は本に救われ、大人になった今も何か問題を抱えたら、そのテーマにまつわる本を片っ端から読んで、自分を客観視する習慣がある――。
そんなふうに本と共に大人になり、ヴィレッジヴァンガードをへて、現在はHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEの店長を務め、今も本に囲まれた生活を送る花田さんが、各人に合った本をすすめた様子を綴った実録本です。

『注文の多い料理店』で本の面白さに魅せられた

「3歳くらいのとき『ドラえもん』(藤子・F・ 不二雄、小学館)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.