くらし情報『自分の「コンフォートゾーン(安全圏)」を飛び出すべきサイン5つ』

2018年10月6日 00:00

自分の「コンフォートゾーン(安全圏)」を飛び出すべきサイン5つ

自分の「コンフォートゾーン(安全圏)」を飛び出すべきサイン5つ


社会に出てみると、人生のあらゆることを選択してゆかなければなりません。そんななかで、自分の価値観が固定してしまい、生活がワンパターン化してしまうこともあるでしょう。でもそんなときこそ本当は新しい一歩を踏み出すべき。慣れ親しんだ「コンフォートゾーン(安全圏)」を飛び出すべきサインを集めてみました。

安全圏を飛び出すべきサイン

1. 毎日が同じことの繰り返し、停滞感を覚えている
自分の「コンフォートゾーン(安全圏)」を飛び出すべきサイン5つ


朝起きて会社に行って、仕事をして帰宅……。毎日がその繰り返しで、取り立てて目新しいことが何もない日々。そんなふうに感じているなら、そのルーティーン化した日常を変えてみるべきときです。リスクもないけど、生きがいも充実感もない毎日……。たった一度の人生をそんな風に過ごしていて良いのでしょうか?

2. とくにこれといった理由はないのに、不満ばかり感じる「コンフォートゾーン」にいる限り、とくに自分が傷つくことはないでしょう。でも胸躍る高揚感や興奮とも程遠くて、だんだんそれが言葉にできない不満として溜まってゆくことがあります。
何だかいつまでもくすぶっているような中途半端な気持ち、それは“現状から飛び出しましょう”という心の声でもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.