くらし情報『あの頃が懐かしい!? ベールに包まれた「女子大あるある」とは?』

2019年2月9日 02:00

あの頃が懐かしい!? ベールに包まれた「女子大あるある」とは?

目次

・1. 朝と帰りの顔が違う
・2. とにかく賑やか
・3. 毎日恋バナ
・4. 見た目へのダメ出しが激しい
・5. 出会いのパイプ役がいる
あの頃が懐かしい!? ベールに包まれた「女子大あるある」とは?


男子はもちろん、共学育ちの女子にとってもミステリアスな女子大。特に女子大に期待と夢を膨らませている男性陣もきっといるでしょう。大学は高校時代と比べて自由が増えるもの。そのため女子高と女子大では、雰囲気もガラッと変わるようです。
そこで今回は「女子大あるある」についてご紹介します。

1. 朝と帰りの顔が違う

あの頃が懐かしい!? ベールに包まれた「女子大あるある」とは?


「朝はみんなスッピンで登場し、休み時間や空き時間にちょこちょこメイク。帰りは別人のような顔になり、バイトやデートに行っていました。女子大に入り、メイクの力はすごいと改めて実感しましたね」(20代/IT)

▽ 男性の目がないからこそ、スッピン登校も躊躇なくできるのが女子大のいいところ!?友達と一緒にメイクをすることで、技術も磨かれていったようです。

2. とにかく賑やか

「私が女子大に入ってビックリしたのは、とにかく賑やかなこと!みんな大声でよく笑うし、よく騒ぎます(笑)。これも男子がいないからなのかな?と思いました」(20代/接客)

▽ 「女子大=おしとやか」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、現実は賑やかなことが多いみたい。やっぱり女子のパワーってすごいですよね!

3. 毎日恋バナ

「私の大学だけかもしれませんが、毎日のように恋バナをしていましたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.