くらし情報『平成のイケメンを振り返る!「こんな男子いたな」あるある』

2019年3月4日 09:00

平成のイケメンを振り返る!「こんな男子いたな」あるある

平成のイケメンを振り返る!「こんな男子いたな」あるある


時代の移り変わりとともに、「カッコいい」という概念も変化していきますよね。今回は、平成の年代別に当時の「イケメン」をご紹介していきます。懐かしのイケメンに出会えるかも……?

平成のイケメン特集!

90年代前半・トレンディ系さわやかお兄さん「平成の最初は、トレンディドラマによくいるような甘いマスクのさわやかな男性が人気だった。当時の女子に人気だったのは、織田裕二さんや吉田栄作さん!」(49歳・女性)

▽ 甘いマスクにサラサラの真ん中分けヘアスタイル。当時は「イケメン」なんて言葉はなかったので「ハンサム」「優男(やさおとこ)」なんて呼ばれていました。
また、90年代前半のスーツといえばダブルジャケットに肩パッドが入ったものが大流行。ズボンもタックが入っていて、全体的にゆったりしたシルエットでしたよね。

94年頃・女子より可愛いフェミ男「女の子より細くて可愛い雰囲気のフェミ男っていたよね。ピチTとかピアスとか、中性的なファッションの男の子がはやったときもあった」(42歳・女性)

▽ とにかく華奢で中性的なフェミ男。当時はいしだ壱成さんや武田真治さんがフェミ男と呼ばれていました。
体にはりつくようなピッタピタのTシャツ(通称ピチT)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.