くらし情報『なにをやってもうまくいかない? 自分のスランプを乗り越えるヒント』

2019年3月5日 23:00

なにをやってもうまくいかない? 自分のスランプを乗り越えるヒント

なにをやってもうまくいかない? 自分のスランプを乗り越えるヒント


「なにをやってもうまくいかない」「やりたいことがわからなくなってきた」などと、悩む時期ってありませんか?それは自分自身のスランプかも!スランプ(停滞期)が起こるのは、スポーツ選手やアーティストだけのものではありません。あなたも乗り越えて成長しましょう。

自分自身のスランプを乗り越えるヒント

1. 他人と自分を比べない
なにをやってもうまくいかない? 自分のスランプを乗り越えるヒント


「私はこんなに努力しているのに負けてる!」と、停滞期に入っているときは、無意識に他人と比べがち。次々と比較する対象を探してしまうので、「自分はなにもできない」という錯覚に陥ってしまうこともあります。
他人のことが気になりはじめたら、ネットやSNSから離れて楽しむことがオススメ。一人ぼーっとするだけでも、復活のキッカケになります。

2. 焦って決断をしない「とにかく早く決めなきゃ」とスランプのときに限って、先を急ぎたくなるもの。気持ちの不安定さによって、白黒ハッキリとした進む道を作りたくなるのです。とはいえ、焦った気持ちで動くと失敗しやすいのは、誰もが経験上わかっているはず。停滞期のときに、未来の選択肢をイメージすることはプラスですが、大きな決断を急がないことが大切。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.