くらし情報『疲れじゃない? 体よりもむしろ心が悲鳴を上げているサイン6つ』

2019年4月16日 08:00

疲れじゃない? 体よりもむしろ心が悲鳴を上げているサイン6つ

疲れじゃない? 体よりもむしろ心が悲鳴を上げているサイン6つ


新生活がスタートし、緊張する日々が続く今日この頃。気を張りつめているとどうしても疲れやすくなってきます。でもその疲労感は肉体的なものというより、精神的なものかもしれません。今回はそんな体よりもむしろ心が悲鳴を上げているサインをまとめてみました!

心が悲鳴を上げているサイン

1. 十分な睡眠時間をとっているのに疲労感が溜まっている
疲れじゃない? 体よりもむしろ心が悲鳴を上げているサイン6つ


しっかり睡眠をとっているのに朝起きるのがつらい、疲労感が溜まっているというのは、精神的な緊張感がずっと続いているからかもしれません。疲れがとれないとイライラしたり、自己嫌悪に陥ったりしやすくなります。そんな時はストレス耐性も著しく低下するので何が原因か、しっかり突き止める必要があるでしょう。

2. 空想や妄想で現実逃避していることが多い誰だって日中ぼーっとしたり、空想の世界に遊ぶことはあります。とはいえそれがつらい現実からの逃避願望だとしたら、あなたは今置かれている状況にかなりのストレスを感じているようです。どんなに妄想しても、現実の世界は何も変わりません。逃避するばかりではなくきちんと現実と向き合い、自分が少しでも楽になる方法を探しましょう。

3. 何もかもに対して無気力、無関心になっている
疲れじゃない? 体よりもむしろ心が悲鳴を上げているサイン6つ


心が元気で前向きだと、好奇心も旺盛で、新しいことに次々とチャレンジしてゆけます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.