くらし情報『我慢しなくていい! 悲しいときは思いっきり泣いたほうがいい理由4つ』

2019年4月21日 08:00

我慢しなくていい! 悲しいときは思いっきり泣いたほうがいい理由4つ

目次

・思いっきり泣いたほうがいい理由
・まとめ
我慢しなくていい! 悲しいときは思いっきり泣いたほうがいい理由4つ


最後に思いっきり泣いたのはいつだったか、覚えていますか?子どもの頃は悲しければ心のままに泣くことができたのに、いつの間にか私たちは泣くことは”弱さ”の証であると考え、泣きたい気持ちを封印するようになってくるようです。でも泣きたいときは思いっきり泣いたほうがいい、その理由をお伝えしましょう。

思いっきり泣いたほうがいい理由

1. 複雑な感情を処理するプロセスの一部だから泣きたいと感じるのはどんなときでしょう?戸惑い、悲しみ、混乱、怒りなどがショックとなって心が取り乱しているような状態のことが多いと思います。
普段の生活では経験しない大きなショックだからこそ、その感情を脳や理性が処理するためのプロセスの一部と考えることもできます。
泣いている間、自分が直面している感情とどう向き合い、対応すればいいか、あなたの心と体はフルに活動しているのです。

2. 思いっきり泣くのはストレス発散にもなるから
我慢しなくていい! 悲しいときは思いっきり泣いたほうがいい理由4つ


泣きたいのにぐっと我慢していると、なんだか気持ち的にも不完全燃焼のような感じになって、モヤモヤがずっと胸の中にくすぶり続けます。でも思いっきり大きな声を出して好きなだけ泣くと、不思議と心はすっきりとするもの
つまり泣くことは溜まり込んだ負の感情やストレスを発散させる最良の手段なのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.