くらし情報『親バカ? だって大切な家族ですから! 愛犬家あるある・4選』

2019年4月30日 11:00

親バカ? だって大切な家族ですから! 愛犬家あるある・4選

親バカ? だって大切な家族ですから! 愛犬家あるある・4選


かわいすぎて目に入れても痛くない愛犬。自分ではごく普通に愛犬に接しているつもりが、他人からは「溺愛してるね……」とビックリされたことってありませんか?そこで今回は「愛犬家あるある」についてご紹介します。

愛犬家あるある

1. 普通に話しかけちゃう
親バカ? だって大切な家族ですから! 愛犬家あるある・4選


・「家から帰ってくると、ペットに『ただいま~!今日も1日疲れたよ~!』などと話しかけてしまう。うちに遊びに来た彼氏がその光景を見て、驚いていました」(20代/営業事務)

▽ ペットを飼っていない人からすると、「言葉が通じるわけじゃないのに、何で話しかけるんだろう?」と思うんでしょうね。でも本当に言葉がわかっているんじゃないかと思うくらい、真剣に話を聞き、時にはリアクションをしてくれるワンちゃん。
そのため「犬だから」という概念はなく、日常生活で愛犬に話しかけるのが日課になっているようです。

2. ベッドやソファを占領される・「夜は愛犬と一緒のベッドで寝ているのですが、気が付いたらベッドを占領されています。でも起こすのはかわいそうだから、私が隅っこで小さくなって寝ていますね(笑)」(30代/人材)

・「うちはトイプードルを3匹飼っているのですが、しょっちゅうソファでくつろいでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.