くらし情報『お酒やタバコは大人の証!? 思い出すと恥ずかしい「大学生あるある」』

2019年5月19日 11:00

お酒やタバコは大人の証!? 思い出すと恥ずかしい「大学生あるある」

目次

・挨拶はいつでも「お疲れさま」
・お酒やタバコがかっこいいと思っていた
・もはや黒歴史の大学デビュー
・やたらと先輩がかっこよく見える
お酒やタバコは大人の証!? 思い出すと恥ずかしい「大学生あるある」


人生の夏休みとも揶揄される、楽しい大学生活。一人暮らしを始めたり、サークルに入ったり、新しい友人と出会ったりして、生活スタイルがガラリと変わったという人も多いのではないでしょうか。そんな大学時代の思い出に浸るとき、鉄板で盛り上がるのが「大学生あるある」。さて、アラサー女子たちの大学生活の思い出とはいったい……?

挨拶はいつでも「お疲れさま」

お酒やタバコは大人の証!? 思い出すと恥ずかしい「大学生あるある」


「人と会うたびに『お疲れ』って言ってた。当時は何も考えずに使ってたけど、街中で大学生同士が言い合ってるのを聞くと違和感を感じる。『いや、何も疲れてないだろ』って……」(28歳/不動産)

▽ 親元を離れて生活を始め、まるで一人前になったかのように感じてしまいがちな大学時代。大人ぶって「お疲れさまです」と言ってみたいお年頃なのかも。

お酒やタバコがかっこいいと思っていた

「大人の女性に憧れて、『お酒とタバコが好き』と言っていた大学時代。一気飲みをして余裕ぶったり、付け焼き刃のウンチクを語ったり、『慣れてるから』と酔いつぶれた人を介抱したり……。今思うと本当に恥ずかしい、というかイタい!」(27歳/事務)

▽ 「お酒やタバコ=かっこいい」という感覚が、無茶な飲酒や過度な喫煙を引き起こしてしまうのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.