くらし情報『意識高い系に憧れるけど…女性を悩ませる「理想と現実」のギャップとは?』

2019年5月22日 11:00

意識高い系に憧れるけど…女性を悩ませる「理想と現実」のギャップとは?

目次

・(1)朝は余裕を持ちたいけれど…
・(2)自炊を頑張りたいけれど…
・(3)夏までに痩せたいけれど…
・(4)貯金をしたいけれど…
・(5)彼氏が欲しいけれど…
意識高い系に憧れるけど…女性を悩ませる「理想と現実」のギャップとは?


「意識高い系」や「丁寧な暮らし」などのワードが話題になる昨今。彼女たちの暮らしを見るたびに触発されるものの、結局3日坊主で終了。本来のズボラな性格が見え隠れしてしまいます。そこで今回は、女性を悩ませる「理想と現実」のギャップについてご紹介します。

(1)朝は余裕を持ちたいけれど…

「朝は最低でも出勤の2時間前に起きて、朝食やメイクに余裕を持ちたい。でも現実はギリギリまで爆睡して、いつも慌てています」(20代/一般事務)

▽ 余裕を持って朝を迎えられると、1日中落ち着いた気持ちを保てそうですよね。でも睡魔には勝てず常にバタバタ。忘れ物は増えるし、メイクにも納得がいかないしで、朝からドンヨリしてしまいます。「何で昨日の夜もっと早く寝なかったんだろう!」と毎朝後悔続きに。

(2)自炊を頑張りたいけれど…

意識高い系に憧れるけど…女性を悩ませる「理想と現実」のギャップとは?


「節約と健康のために自炊を頑張りたいのに、仕事から帰ってくると疲れて何もしたくない。結局カップラーメンやコンビニのお弁当ばかり食べています」(30代/営業)

▽ 慣れれば冷蔵庫の残りものでパパッと料理ができるのでしょうが、そこに行きつくまでが大変。それに失敗の可能性を考えると、確実においしいコンビニや外食に頼りがちに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.