くらし情報『ツラすぎる…! 女子なら誰でも共感できる「メイクの悲劇」8選』

2019年6月22日 11:00

ツラすぎる…! 女子なら誰でも共感できる「メイクの悲劇」8選

しかもすぐに修正出来ないときに限って、つけまつげはまぶたから逃げ出そうとするのです。

シェーディングのやりすぎ

ツラすぎる…! 女子なら誰でも共感できる「メイクの悲劇」8選


顔を彫り深く見せるためのシェーディングって、それなりのテクニックが必要。こちらもチーク同様暗いところでメイクをしてしまうと、「もうちょっと行けるかな」と必要以上にシェーディングを足してしまい、明るい場所に出たときには顔が痩けたように見えちゃうことも。

ハイライトの入れすぎ

シェーディング同様、顔にメリハリをつけるためのテクニックとして使うハイライトですが、こちらもやりすぎると顔がてっかてかに。「ツヤ感」を通り越して、朝っぱらからギラギラで脂浮きまくりのような顔になってしまうのです。

ナチュラルメイクで不健康顔に

普段ばっちりメイクをしているタイプの人が「ナチュラルメイク」にすると言われるのが、「今日朝時間なかったの?」「体調悪いの?」などなど。イメチェンをしたかっただけなのだけれど、人によってはナチュラルメイクがマイナスに働くことも。

アイラインの入れすぎ

右目と左目のアイラインを調節しながら足していくと、気づいたときにはかなり攻撃的になってしまうことがあります。
ただ、アイラインはアイシャドーなどを済ませた後に引くことが多いので、修正がかなり難しく……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.