くらし情報『大人になっても無理! 歯医者に行ったときに怖いと思うこと5選!』

2019年6月24日 11:00

大人になっても無理! 歯医者に行ったときに怖いと思うこと5選!

目次

・歯医者に行ったときに怖いと思うこと
・まとめ
大人になっても無理! 歯医者に行ったときに怖いと思うこと5選!


どれだけ歯が痛くても、「歯医者に行きたくない」という理由で歯医者に行くのを先延ばしにしたことはありませんか?大人になったとしても、歯医者は怖いものです。子どもの頃のように大泣きすることはなかったとしても、ほんの少し涙を流してしまったことがある……というかたも多いのではないでしょうか。そこで今回は「歯医者に行ったときに怖いと思うこと」をご紹介したいと思います。

歯医者に行ったときに怖いと思うこと

1. 待合室まで響く子どもの泣き声
大人になっても無理! 歯医者に行ったときに怖いと思うこと5選!


「待合室で待っているときに聞こえてくる『子どもの泣き声』を聞くと、急に怖くなってきます。優しいBGMが流れる待合室と子どもの泣き声とのギャップがホラーっぽい(笑)」(20代/派遣)

▽ 子どもの泣き声を聞くと、いろいろと想像が膨らんでしまいますよね。併せて、自分が小さい頃に感じた恐怖心が鮮明によみがえり、どんどん怖くなっていく……。

2. 謎の器具「診察の椅子に座り、先生を待っているときに目に入る『謎の器具』を見ると恐怖心が増してくる」(30代/製造)

▽ ドリルのようなものや、やけに先端が尖った器具など、一体何に使うのかわからないからこそ余計に怖い!

3. 目を隠されること「治療中、布で目を覆われて何も見えなくなるのが超怖い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.