くらし情報『除菌スプレー必須!? 公共のトイレの便座、みんなはどうしてる?』

2019年7月30日 11:00

除菌スプレー必須!? 公共のトイレの便座、みんなはどうしてる?

目次

・空気椅子状態で頑張る
・アルコール除菌してから座る
・トイレットペーパーを敷く
・場所によって座る、座らない
・気にしないで座る
・外出先では極力トイレに行かない
除菌スプレー必須!? 公共のトイレの便座、みんなはどうしてる?


自宅のトイレは基本的に自分か家族だけしか使わないので、安心して使うことができるものの、会社や駅、お店のトイレは数多くの人たちが利用しています。本日はそんな公共のトイレの便座を、みんながどんなふうに利用しているのか調査してみました。

空気椅子状態で頑張る

直接お尻をつけることが無理なので、空気椅子状態で頑張るのだとか。プルプルしながら用をたさなければならないので、ある意味トイレのたびに筋トレしているような状態に。毎回空気椅子をしなければならないのであれば、和式トイレのほうが簡単に用をたすことができるのです。とはいえ、和式トイレは今やレアアイテムですからね。

アルコール除菌してから座る

除菌スプレー必須!? 公共のトイレの便座、みんなはどうしてる?


アルコール除菌のスプレーが完備されているトイレの場合は、必ず除菌してから座る人も多いよう。デパート系やショッピングモール系のトイレは、基本的にアルコール除菌のスプレーが完備されているので安心。でも全部が全部ではないので、アルコール除菌シートを持ち歩いておくとどこに行っても困らないのです。

トイレットペーパーを敷く

便座にトイレットペーパーを敷いてから座るというかたもいらっしゃるようです。さっと座るとその動きでトイレットペーパーが便座の中に落下してしまうという難点があるものの、アルコール除菌スプレーがないときにはこれでなんとかしのぐのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.