くらし情報『起きないと罰を受ける!? 「起きたくない朝」についやってしまうこと4つ』

2019年8月1日 11:00

起きないと罰を受ける!? 「起きたくない朝」についやってしまうこと4つ

目次

・1. アラームをかけ直す
・2. 布団の中でスマホいじり
・3. 熱をはかる
・4. 謎の罰を想像する
・5. 一人カウントダウンをする
・まとめ
起きないと罰を受ける!? 「起きたくない朝」についやってしまうこと4つ


アラームが鳴って目が覚めても、布団からでたくない朝がありますよね。どれだけ粘ったとしても結局は会社や学校に行かなければいけない……それでもどうにか少しでも長く布団にいようと往生際の悪いことを繰り返してしまう……という女子は少なくないはず。そこで今回は「『起きたくない朝』についやってしまうこと」をご紹介したいと思います。

1. アラームをかけ直す

「眠いときは一度鳴ったアラームを消したあと、さらにアラームをかけ直す。5分でも10分でもいいから寝ていたい!」(20代/受付)

▽ 布団からでたくない朝は、何度もアラームをかけて起きる時間を引き延ばそうとしてしまいますよね。往生際が悪いとはわかっていても、寝ていたい朝はあります。

2. 布団の中でスマホいじり

「一度目を覚ましてからしばらく布団の中に入ったまま、スマホでニュースをチェックしています。『遊んでいるわけじゃないからいいんだ』と自分で自分に言い訳しています(笑)」(20代/金融営業)

▽ 少しでも布団の中にいたいので、布団の中でできることをいろいろと探してしまいますよね。しかし布団の中にいるとあっという間に時間が過ぎていくので注意が必要!

3. 熱をはかる

起きないと罰を受ける!? 「起きたくない朝」についやってしまうこと4つ


「どうしても起きたくない朝は、速攻で熱をはかります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.