くらし情報『話が噛み合わない! 思い込みが原因で起きた失敗トーク4つ』

2019年8月3日 08:00

話が噛み合わない! 思い込みが原因で起きた失敗トーク4つ

目次

・(1)年齢を勘違いされていた
・(2)働いていないと勘違いされていた
・(3)彼氏がいないと勘違いされていた
・(4)婚カツ中だと勘違いされていた
・相手をモヤモヤさせないために!
話が噛み合わない! 思い込みが原因で起きた失敗トーク4つ


なんの事実確認もせず、思い込みや先入観だけで話を進めると事実とは異なった認識をしてしまうことがあります。しかし、勝手な思い込みをされた側としてはただただ困惑するばかり。また、ちょっとした誤認識で話がどんどん進んでいくと、いったいどこで誤解を解けば良いのかと悩んでしまうことも……。ということで今回は、思い込みの結果生まれた勘違いについてご紹介します!

(1)年齢を勘違いされていた

「私のほうが歳上なのにタメ口で接してくるので、なんだかずいぶんとなれなれしい子だと思っていたら、どうやら同い年だと思われていたらしいです」(28歳・保育士)

▽ 他のひとたちには敬語なのにどうして私だけタメ口なのだろうとずっと疑問に思っていたらしいのですが、やっと謎が解けたそうです。

(2)働いていないと勘違いされていた

話が噛み合わない! 思い込みが原因で起きた失敗トーク4つ


「最近親しくなったひとに『そろそろちゃんと働いたほうが良いよ』と言われたのですが、私ちゃんと働いているんですけどね……」(32歳・フリーランス)

▽ フリーランスは会社員と比べて時間の縛りに自由がある働きかたです。また、ヘアスタイルやネイル、ファッションなどの制約もそれほど厳しくないため勘違いされたのかもしれませんが、そういうことはしっかりと確認をしてから発言してもらいたいものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.