くらし情報『適量って結局どのくらいなの…香水失敗エピソード』

2019年8月28日 11:00

適量って結局どのくらいなの…香水失敗エピソード

目次

・お香と勘違い
・「二日酔い?」
・車内で吐き気
・8割残る
・元カレを思い出す
適量って結局どのくらいなの…香水失敗エピソード


自分がイメージしている理想の女性に近づくために、そして自分のテンションをあげるために香水を使っている人も多いのではないでしょうか?子どもの頃は高くて手に入らなかった香水も、大人になると自分のお金で買うことができ、いろんな香りを楽しめますよね。とはいえ、香りの好みは千差万別。人によっては「くさい」と感じることもあるでしょう。ここではそんな、香水にまつわる失敗エピソードを聞いてみました。

お香と勘違い

適量って結局どのくらいなの…香水失敗エピソード


「和をコンセプトにした香水をつけていたら、友達に『お香焚いたの?』って聞かれてめちゃくちゃ恥ずかしかった。お母さんからは率直に『仏壇みたいな匂いがするけど』って言われてショック。自分ではいい匂いだと思ったけど、そう言われてからは急にお香にしか思えなくなってつけなくなった」(20代/学生)

▽ 自分では素敵だなと思った香りでも、他人がそう思うかはわからないもの。和風美人をイメージしてつけたら、仏壇をイメージされてしまったようです。残念ですね。

「二日酔い?」

「好きな人との初デートで、思い切っていつもはつけない甘い香りがする香水をつけたら、相手に『お酒の匂いするけど大丈夫?二日酔い?』って聞かれたことがある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.