くらし情報『振り返ると恥ずかしすぎる…青春時代の黒歴史エピソード』

2019年9月3日 11:00

振り返ると恥ずかしすぎる…青春時代の黒歴史エピソード

目次

・先生を「先公」と呼ぶ
・まぶたが真っ黒なメイク
・スクールバックに落書き
・男子の前で下ネタ炸裂
・可愛いキャラを演じる
振り返ると恥ずかしすぎる…青春時代の黒歴史エピソード


若いからできたことも、大人になって改めて振り返ってみると「痛かったな」と恥ずかしくなったり、黒歴史として記憶を抹消したくなったりすることってありますよね。思春期だから迷走したり、おかしなものをかっこいい、イケていると勘違いすることもよくあることです。
ここではそんな、振り返ると恥ずかしい青春時代のエピソードを聞いてみました。

先生を「先公」と呼ぶ

「先生のことを先公って呼ぶのがイケていると思って友達の前でめちゃくちゃ言っていたな……。親には怒られたけど、先生って呼ぶことのほうが恥ずかしく思っていたあの時代。この前、当時の先生とばったり遭遇して、先公って言われていたなって笑われて、恥ずかしくて死にたくなった。ああ昔の自分をぶん殴りたい……」(30代/美容部員)

▽ 先生のことをわざと「先公」と呼ぶことで、かっこつけた青春時代を送っていたのだとか。よく考えてみれば常識のないような呼び方で、恥ずかしくなるエピソードです。

まぶたが真っ黒なメイク

振り返ると恥ずかしすぎる…青春時代の黒歴史エピソード


「とにかくメイクが下手で、全体のバランスとか自分に合った色とか考えずにメイクをしていたこと!写真で見返してみるとアイラインでまぶたが真っ黒になっていて汚い……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.